2016年12月24日

11/19おはなし会レポート@新宿本店

こんにちわ。
11月おはなし会のブログを担当する山田です。

今年は11月に都心で54年ぶりの初雪が降り、
あっという間に秋が過ぎていってしまいましたね。
11月は、新宿本店さんでの2回目のおはなし会になります。
今回はお店の方がテーブルを用意してくださったので
アットホームな雰囲気のおはなし会になりました。

〈14時に読んだ絵本〉
・どんぐりずもう(福音館書店)
・ぐりとぐらのえんそく(福音館書店)
・ちょっとまって、きつねさん!(光村教育図書)
・だいすきのしるし(岩崎書店)

1冊目の「どんぐりずうもう」で、読み手の広瀬先生が
絵本に出てくるどんぐり達を持ってきてくれました。
並べてみると違いがよくわかります!
子ども達も喜んで見ていました。

2016_11_1.jpg

クイズでは「おぼえているかな?」と心配していた、
ぐりとぐらは赤と青の服どっちクイズは即答でした。
やはりよく読まれている絵本なのですね。
ちなみに青がぐりで赤がぐらです。

女の子が多かったので3冊目の「だいすきのしるし」は
主人公の女の子に共感できるぴったりの絵本でした。

2016_11_2.jpg

4冊目の「ちょっとまって、きつねさん!」はみんなハラハラしながら聞いてくれました。


〈15時に読んだ絵本〉
・どうぶつにふくをきせてはいけません(朔北社)
・まわるおすし(ブロンズ新社)
・さるのせんせいとへびのかんごふさん(ビリケン出版)
・みんなおやすみ…(金の星社)

15時の会は14時にきてくれた女の子と一緒に弟くんもきてくれました。
弟くんのめんどうをきちんと見ていたお姉ちゃんはさすがです。

1冊目の「どうぶつにふくをきせてはいけません」は
服をきた動物たちがややこしいことになっています。

2016_11_3.jpg

「まわるおすし」から出題したお寿司クイズは
子どもたちみんなで上手く完成させてくれました。

2016_11_4.jpg

3冊目の「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は
みんな、へびのかんごふさんすごい! と思ったことでしょう。

本日最後の「みんなおやすみ…」は
弓山さんが動物たちの声をかわいらしく読んでくれました!


次回のおはなし会は年が明けた、1月21日に新宿本店で行います。
来年もよろしくお願いします。
posted by 絵本学科@日本デザイン専門学校 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178158113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック