2009年03月30日

「かいじゅうたちのいるところ」トレイラー

ご存知、モーリス・センダックの代表作です




絵が美しい、お話がたのしい、名作!

日常→非日常の定番的作品とも言えるでしょう

実は!
この絵本がもとになった映画が今年の秋、アメリカで公開になります

こちらのトレイラー、絵本を知っている人なら、興奮しちゃいますね
http://www.apple.com/trailers/wb/wherethewildthingsare/

ここで、マシン環境に応じたムービーを再生できます
For Your iPod からiTunes Storeに移動すると、ムービーのダウンロードもできます

映画では、男の子の現実世界での葛藤なども描かれているようで
このかいじゅうたちの住む世界の心理的な役割が浮き彫りになりそうです
ふと、自分自身のことを思い返せば、こどものころのファンタジーは「エンタテインメント」であると同時に、時には「シェルター」だったかもしれません

こどものころは、ファンタジーの世界がすぐ隣にあったので、出たり入ったりしやすかったのかな

映画、早く観たい!
taka kato
posted by 絵本学科@日本デザイン専門学校 at 19:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 気まぐれ絵本紹介
この記事へのコメント
「かいじゅうたちのいるところ」が映画化!
しかも、監督が「マルコヴィッチの穴」や数々のミュージック・クリップ、CMを作っているスパイク・ジョーンズとは…。

トレーラーを観ました。実写、CG、アニメ、パペットの素晴らしい融合。センダックの世界観を裏切らない映像に感激です。

スパイク・ジョーンズとセンダックは友人だとどこかで読みました。
公開が待ち遠しいです。
Posted by motosayo at 2009年03月31日 14:41
なるほど〜
スパイクジョーンズとセンダックがお友達とは・・!
「マルコヴィッチの穴」もおもしろかったですよね

こちらに、スパイクジョーンズが作った、
もうひとつの「ベッドルームからはじまる冒険」のムービーがありました
adidasのCMです 
http://white-screen.jp/2008/01/post_46.php

ますます、期待してしまいますね

Posted by taka at 2009年03月31日 15:44
このadidasのCM、大好きです〜。
あ、GAPのCMも衝撃的です。←ちょっとリンク探しきれませんでしたので、
代わりに、映画「かいじゅうたちのいるところ」のかっこいいポスターが見れます↓
http://blog.livedoor.jp/mdma_boo_jp/archives/51460233.html
Posted by motosayo at 2009年04月02日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28058422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック