2009年04月26日

しかけ絵本をつくる〜「The bird」編3

しかけ絵本(pop up絵本)をつくるには
どんなことをすればいいのでしょうか。
しかけ絵本「The bird」が作られた行程を追ってみましょう。

前回は鳥が飛び立つページができました。
R0010452.jpg

今回は一番こだわりたかったページの制作編です。

このページは
木を真ん中にどーんと立たせたかったので
周囲360°見られるようにクロス構造にしようとしました。

R0010275.jpg

でも、立たない。
ページを開く時に、根元から引っ張る力を効率よく
枝がひろがる力へ換えないといけないので、
クロス構造だと、紙の強度と引っ張る力のバランスが悪い。

このままだと金属の板で作るはめになりそうなので、
クロス構造は捨てました。

また違う案を考えます。



なるべく高く立ち上がるように、
360°見られるように、
ボリュームが出るように、
これらの条件をクリアする案は
こちらでした。

R0010287.jpg

メモだとよく分からないですね。

ここからまた模型をつくり、
図面を引いて、
本番の用紙をカットしたり貼ったりします。


では、出来上がりの写真です。


R0010448.jpg

真横から撮っていますが、
まったく木のように立ち上がっています。

左の一枝から実が欠けているのは、
鳥が持ち去っているからです。

R0010458.jpg


by sayoko motouchi
posted by 絵本学科@日本デザイン専門学校 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本をつくる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28702725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック