2010年06月17日

無心に描く

本日のクリエイティブワークスの授業では
いろいろな絵具の技法を研究中です。

IMG_0019.jpg

無心に手を動かす事で、思ってもいない形や色が生まれます。

IMG_0014.jpg

クレヨンをこすりつけています。
油性のクレヨンは水性の絵具をはじくことで
おもしろい効果が得られます。

IMG_0010.jpg

画面にいろいろ貼ってもいいという条件だったので、
ティッシュを貼っている学生もいました。

IMG_0016.jpg

この学生は、じつは絵具を息で動かしています。
強く吹くと絵具が流れて行きます。




さて、これらの作品をご覧になって、
みなさんは何を感じますか?

IMG_0011.jpg

私は実りの秋のような色彩を感じました。

IMG_0015.jpg

上の作品でスタンプするときに使った、
小さくちぎったスポンジ。
絵具を着彩する道具は、筆だけじゃありません。
身近な物、どんなものでも使えますよ。

IMG_0012.jpg

水の中のような、雲のような…。

IMG_0013.jpg

こちらは、緊張感のある画面になりました。


こんなふうに、さまざまな実験を重ねることで、
絵を描いたり、伝えたりするテクニックが深くなります。

これを見てやってみたくなった人は、
新聞紙を部屋中に敷いて、汚れてもいい服で、
無心に手を動かしてみましょう。


motouchi
posted by 絵本学科@日本デザイン専門学校 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校のこと 授業・作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38944123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック